松山隣保館保育園

今月のおたより Q&A 苦情受付 個人情報保護 入園のご案内
保育理念


園長あいさつ
 人間らしく生きるための基礎は乳幼児期から培われていくものです。集団生活の中でのさまざまな体験は、子どもたちの心と体に大きな影響を与えます。
 松山隣保館保育園では、自分の身体を通していろいろな体験をしたり、感じる心を育てる保育をたくさん取り入れています。
 家庭的な雰囲気を大切にし、お子さんを安心して預けられる環境づくりに心掛け、一人一人の子どもが、自分の力でしっかり歩んでいけるような保育をすすめています。

保育方針
[1] 安全な設備と、整った保育環境の中で、一人一人を 暖かく大切に見守り、安定した生活や活動ができるようにする。
[2] 戸外遊びや園外保育をできるだけ多く取り入れ、自然に親しみながら、たくましい身体つくりをする。
[3] さまざまな体験を通し、創造性に富み、感性豊かな子どもに育てる。
[4] 人とのかかわりの中で、思いやりや、自主性、協調性 を育てる。

保育目標
心身ともに元気で たくましい子
感性豊かで自分で考え行動できる子
友達と仲良く遊び思いやりのある子
施設の沿革
昭和10年01月 松山市松前町1丁目、神宮裏に第一保育園設立
昭和16年07月 西堀端町に移転、松山隣保館設立
昭和17年11月 財団法人松山隣保館となる
昭和21年05月 松山空襲により施設焼失
昭和22年05月 保育園落成開園
昭和23年09月 児童福祉施設認可を受ける
昭和27年05月 社会福祉法人松山隣保館となる
昭和35年07月 保育園新築移転
木造平屋建て(味酒町2丁目14-3)
平成02年03月 園舎老朽のため新築落成
鉄筋コンクリート2階建て一部3階
平成13年11月 乳児室増築
平成17年01月 1F保育室(3部屋)床暖房設備を完備
平成21年02月 厨房の改修工事
 
 
Copyright (C) 2004 matsuyama rinpokan hoikuen. All Rights Reserved.